出展社一覧

保線機器整備株式会社

気になる企業リストに登録

気になる企業リストから削除する

  • 正社員

“メンテナンスによる安全と安心を”昭和57年8月の創立以来、鉄道用軌道車輌・保線機械器具・土木機械等の製作・販売・リース・修理・開発を行ってきました。
小さな道具から大きな機械まで、鉄道業界において様々な分野に携わっています。
お客様の喜ぶ姿が見たい!!培ってきた技術力を活かしたい!!より良い製品を作りあげたい!!
営業・整備・工事・開発・・・多種多様な部署があるので、必ず自分の力を発揮できる場所が見つかります。

会社の強みと特徴クオリティーの高い技術で車輌のコンディションを守り、急な機械故障にも迅速に対応します。
そして、お客様のニーズにあった製品の販売・開発を行い、より良い製品の提供をお約束します。
また、整備士・玉掛け・各種クレーン・MC運転講習等の専門資格の取得支援制度もあるので、スキルアップを目指せます。

仕事内容は?①営業
ニーズにあった製品の販売はもとより、お客様と工事や点検における作業内容や工期の確認・打合せを行います。
整備・開発・工事の窓口として各部署と連携を取りながら営業活動を行い、日々お客様との信頼関係を強化しています。

②整備士
自社工場内もしくは各現場で、各車輌の分解・オーバーホール、点検整備、修理を行います。
チームでの作業が主となるので、先輩方が整備の“コツ”や効率の良い作業方法を見せてくれます。
見て、聞いて、触って、確実にスキルアップを図れます。

③重機オペレーター
自社製重機「もも太郎」を使用した道床砕石交換の工事を行います。メンテナンスもオペレーターが自ら行います。
また、大型車輌や削正機を操作してのレール削正作業も行っています。
施工現場の調査や、お客様との事前打合せもオペレーターが行うので工事ごとの達成感は格別です。

募集背景/どんな人が活躍?/期待することは?■募集背景
車輌数の増加、施工現場の増加にともない増員募集。

■どんな人が活躍?
向上心を持ち、新しい作業へのチャレンジ意欲のある方。 鉄道業界、大型機械へ携わりたい方。

■入社される方に期待することは?
機械の種類や専門用語が多いため熱意を持って取り組んで頂ける方。
 

社員インタビュー普段目にすることのない車輌、立ち入ることの出来ない現場、操作することのない機械の操作、専門職ならではの体験があふれています。
何年経っても新鮮な経験を出来るこの業界で日々腕を磨いています。 (勤続5年 整備士)

会社概要

気になる企業リストに登録

気になる企業リストから削除する

企業名
保線機器整備株式会社
業種
建設
事業概要
関東首都圏内の私鉄・JR各社の鉄道保線保守車輌のサービスメンテナンス。
エンジン機械及び電気関係等の修理対応。
鉄道機械・機器製作販売等。

幕張メッセで開催される第6回「鉄道技術展」へ出展します。
会 期:2019年11月27日(水)~ 29日(金) 10:00 ~ 17:00
会 場:幕張メッセ 5・6・7・8ホール
所在地
八潮市 木曽根1262-1
設立
1982年8月26日
従業員数
95名
資本金
6,400万円
売上高
30億2,862万4,027円